清原正吾

清原和博を父に持つ清原正吾さん。

2021年4月から慶應義塾大学に入学され、野球部に所属されています。

2世の上にカッコいいので注目を浴びていますね!

しかし清原正吾さんは小さい頃から野球に専念していたわけではないのです。

野球選手としては始まったばかりの清原正吾さんの経歴をご紹介しましょう!

スポンサーリンク

清原正吾の経歴:野球は慶応大から

出典元:中日新聞

清原正吾さんは2021年4月に慶應義塾大学に入学されました。

そして慶應義塾体育会野球部に所属しました。

しかし、それまではまったく別のスポーツをしていた清原正吾さん。

清原正吾さんの野球人生は、まだまだ始まったばかり。

一体、どういう経歴で野球人生を歩むことになったのでしょうか。

小学生からさかのぼってご紹介しましょう。

野球は小学生で始めた?

清原正吾さんは、実は小学校3年生の時に一度野球を始めているんです。

やはり父・清原和博さんの影響で野球を始め「オール麻布」に在籍していました。

元プロ野球の父を持つにしては、少し遅めの野球デビューに思えますね。

きっと父・清原和博さんは息子・正吾さんの意思を尊重されていたのでしょう。

こちらは、父・清原和博さんが引退されたときのものです。

出典元:文春

清原正吾さんはまだ野球を始めていない頃ですね。

それでも感極まって泣いてしまっています。

野球に込める父の想いはしっかり伝わっているのでしょう。

そしてこちらが、小学3年から小学6年まで野球に打ち込んでいた時の写真です。

幼馴染でもあり野球仲間でもある福住勇志さんとの写真ですね。

当時は清原正吾さんが二塁手、福住勇志さんが遊撃手。

二遊間でコンビを組み、主力としてチームを引っ張っていたそうです。

これからまた慶應義塾大学の野球部で、2人のコンビが組まれるのでしょうか?

スポンサーリンク

野球に戻るきっかけは?

清原正吾さんは、中学高校と野球の学生生活を選びませんでした。

それがなぜ6年のブランクを経ても野球に戻ることになったのでしょうか?

それは、世界中で多くの人々の人生を変えたコロナがきっかけとなりました。

2020年コロナが日本にも広まった頃、高校でアメフト部に所属していた清原正吾さん。

部活動ができなくなり、代わりに家族と野球の練習をして身体を動かしていたそうです。

その時に「野球が好きなんだ」と再確認したそうです。

慶応大から野球を再開!

出典元:北國新聞

そこで慶應義塾大学に進学した清原正吾さんは、再び野球部で野球を始めることになります。

6年間のブランクがありますが、清原正吾さんは本気で野球に戻ってきたようです。

逆に言えば、6年のブランクがあったからこそ今野球に打ち込めるのかもしれませんね!

2021年4月に本格的に練習を始め半年。

とのことで、かなりの飛躍ぶりが伺えます。

慶応大の堀井監督も

「とても素直な性格。どんどん吸収している」

引用元:iza

と清原正吾さんのこれからを期待しているようです。

持ち味は父譲りの長打力だそうです。

身長も186cm、体格も大きく、将来は父のような選手になりたいと語っています。

これからの成長に期待ですね!

スポンサーリンク

清原正吾の経歴:中学時代はバレー

清原正吾さんは慶應義塾中等部に進学

友人の勧めでバレーボール部に所属しました。

3年間やっていた野球よりも、他のことの挑戦したい気持ちが勝ったのですね。

清原正吾さんのバレーボールでの戦績が気になりましたが、中等部のバレーボール部の戦績は見つけられませんでした。

とはいえ、身長の高い清原正吾さんですから、バレーボールでもきっと活躍されていたのでしょう。

清原正吾の経歴:高校時代はアメフト

そして慶應義塾高等学校に進学された清原正吾さん。

高校ではまた進路を変更し、アメリカンフットボール部に所属しました。

長身を活かし、タイトエンド(TE)のポジションで活躍したそうです。

アメフトと言えば、ガンガンとぶつかり合う競技。

やはり高身長でガタイの良い体格が有利だったと思われます。

と言われるほどですので、やはりアメフトでも好成績を収めていたのでしょう。

とはいえ、体格だけで上手くいくスポーツはありませんよね。

清原正吾さんは何事も素直に吸収し、努力を重ねていたのでしょう。

そして小学時代に3年間野球をやっていたとはいえ、6年のブランク後の再スタート。

清原正吾さんはきっと初心にかえり、一から野球の練習に励んでいることでしょう。

まだまだ始まったばかりの野球人生。

清原正吾さんのこれからの成長が楽しみですね!

スポンサーリンク